あのランタン祭りを超えるかも?涙が出るほどフォトジェニック

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』を思わせる圧倒的に美しいこの光景は、毎年2月の中旬に行われる、秋田県「横手の雪まつり」のもの。特に、この小さなかまくらが無数に並ぶさまは、涙が出るほどきれいで、最高にフォトジェニックなんです。 見られるのは市内の「蛇の崎川原」と「横手南小学校」。

期間中、市内には約100の、実際に人が入れるかまくらも作られ、昔ながらの風習そのままに、中から子どもたちが「はいってたんせ」と声をかけてくれます。中に祀られた神様にお賽銭をして、お邪魔してみると、焼いたお餅や甘酒もいただけます。 ちなみにこの雪まつりの歴史は約450年と長く、もともとは水神様を祀る小正月行事がはじまりだったのだそう。

ほかにも祭りの期間は市内の各所でさまざまなイベントが。ライトアップされた横手城とかまくらの幻想的な写真を撮りたい方は「横手公園」に。「横手市役所本庁舎前道路公園」には屋台がたくさん出て、食べ歩きには最適。「よこてイースト」では入り口がハート型の変わったかまくらにも出会えます。

そして最高にオススメなのが、光明寺公園で行われる「ミニかまくら作り」体験。バケツに詰めた雪を逆さにして取り出し、スコップで穴をあけるだけの、何のことはない体験ですが、自分で作ったかまくらへの愛着はことのほか。素敵な思い出になること間違いなしです!

【電車・バス】
仙台空港→仙台駅→(秋田新幹線:100分)→大曲駅→(奥羽本線:20分)→横手駅→横手市立横手南小学校
【お車】
仙台空港→(東北自動車道:120分)→高速湯田IC→(平和街道:30分)→横手市立横手南小学校

冬を楽しむ幻想空間、寒いのにあったかいを感じる旅
2月の中旬に行われる秋田県「横手の雪まつり」を訪れる旅。黄色に輝く小さなかまくらが無数に並ぶ光景は、一生に一度は見たい至極のフォトジェニック。 このほか日本三景の1つ宮城県「松島」の雪景色を見たあとにアツアツの焼き牡蠣をたらふく食べたり、そそりたつ渓谷の凍てつく風景をコタツ舟の中から眺めたりと、 寒いのに「あったかい」を存分に味わう内容です。

このプランはレンタカーがオススメ
7:10 Peach MM131便で関西空港を出発
飛行機で約80分
8:25 仙台空港着→車をレンタル
車で約40分
9:30 到着

松島島巡り観光船で「松島湾クルーズ」

日本三景の一つ「松島」湾を遊覧船でクルーズ。大小さまざまな島を海上から眺める50分。

11:00 出発
車で約10分
11:10 到着
アツアツの焼き牡蠣に幸せ全開
松島 松島さかな市場

冷えたカラダを温めるのはアツアツの焼き牡蠣。松島の牡蠣の旬は10月から3月。小ぶりの身は旨みがぎゅっと詰まってジューシーです。45分2000円からの「焼がき食べ放題」は、最盛期には混み合いますので、時間に余裕をもってお出かけくださいね。生牡蠣や牡蠣ごはんなどもあるので、そちらも是非チェックしたいところです。お腹いっぱいになったら、松島のシンボル「五大堂」や伊達家の菩提寺「瑞巌寺」などを訪れるのがオススメ。数珠作り体験もできるお寺「円通院」も素敵です。

松島さかな市場
12:55 出発
車で約5分
13:00 到着
太平洋をのぞむ絶景露天風呂であったまる
松島 松島一の坊

小腹を満たしたら、松島湾を臨む絶景の露天風呂に。写真の温泉宿「松島一の坊」は12時から15時の間、日帰り入浴が可能。地下1500メートルから汲み上げる泉質は弱アルカリ性で美肌効果も期待できるそうです。湯上がりのすべすべのお肌が嬉しい。

松島 一の坊
14:00 出発
車で約2時間30分
16:30 到着
「はいってたんせ」でいただく甘酒の優しさ
横手 横手の雪まつり

到着後、まずは「ふれあいセンターかまくら館」のパネル展示でかまくらについて学んだら、いよいよ一番の目的「横手の雪まつり」に。市内に約100も作られるというかまくらで、焼き餅や甘酒をいただいてしまいましょう。思いきりフォトジェニックなミニかまくらも、もちろんチェック。ちなみにお祭り前後の宿泊はどこもいっぱい。ビジネスホテルなどもすぐに埋まるので早めの手配をオススメします!

ふれあいセンターかまくら館
市内「横手焼きそば」のお店に移動

横手焼きそばを食べる

夕食はB-1グランプリ優勝歴もある「横手焼そば」。片面焼きの目玉焼き、出汁入りのウスターソースがかかった“つゆだく系”、福神漬けが添えられることが特徴。「出端屋」などが有名。

9:00 チェックアウト
車で約1時間20分
10:20 到着

平泉・中尊寺を観光

世界遺産が5スポットもある平泉に移動し、まずは天台宗の東北大本山である中尊寺を拝観。樹齢300年の老杉が連なる月見坂の雪景色にため息。

駅前芭蕉館で、わんこ蕎麦

お昼は、わんこ蕎麦を体験。色鮮やかな塗りのお椀に盛られた一口サイズの蕎麦を好みの薬味を加え、マイペースで楽しんで。

13:20 出発
車で約35分
13:55 到着
こたつの中からそそりたつ岩肌に感動
猊鼻渓 こたつ舟

高さ50mを超える石灰岩の岸壁が、およそ2キロにわたって続く猊鼻溪を、こたつ舟に乗って下る90分間の旅。12月から2月の冬期は、こたつやストーブの積まれたガラス張りの舟で温まりながら、そそりたった岩の景観を楽しめます。事前に予約すればお鍋や釜飯を食べることも。ちなみに猊鼻溪では「縁」「願」「恋」「財」などの字の書かれた「運玉」を岩肌にあいた穴に投げ入れる運試しも楽しい。

猊鼻溪
15:45 出発
車で約1時間45分
17:30 到着

仙台駅・北辰鮨で夕食

時間に余裕があれば、駅構内の立ち食い寿司店で東北各地域の新鮮な魚を使ったお値打ちの握り寿司を楽しんで!

お好きな時間 出発
車で約30分
20:10 レンタカーを返却後、Peach MM140便で関西空港を出発
飛行機で約100分
21:50 関西空港着

※本ページで紹介のプランは2016年10月取材時点のものです。営業時間など変更の可能性がありますので事前に確認のうえお出かけください
※移動時間は有料ルート優先のうえ一般的な走行スピードで算出したものです。渋滞などの要素は加味していませんのでご注意ください



PDFファイルのダウンロードはこちら
※容量が大きいため、表示に時間がかかってしまう場合ございます
このサイトは2017年3月をもって
公開終了となりました。