贅沢な貸し切り空間で「自由を楽しんで」と女将の心意気

旅行に出るたびに「こんな素敵な温泉に入ったのに写真で記録を残せないなんて・・・」と、ザンネンな気持ちになっていた皆さん、お待たせしました!

福島県・東山温泉の旅館「いろりの宿 芦名」なら、夕食後、無料で貸し切りにできる露天風呂にスマホを持ち込んで、なんと自撮りがOKなんです。源泉100%のかけ流し湯でホカホカになったら、友だちやパートナーとのとびきりの笑顔を好きなだけ思い出に残してください。

ちなみに2017年3月末までこちらのページを見た方限定で、会津塗りのお盆をお湯に浮かべての日本酒タイムも女将が用意してくれちゃいます。極上の地酒にココロもカラダもユルユルになること間違いなし。全7室のみの小規模の宿ならではの試みですよね!

芦名は、その名のとおり、いろりにこだわりのある宿。食事どきには、テーブル代わりのいろり端で、地元の漁師から仕入れた天然のイワナや450年の歴史を持つ会津地鶏などを次々と焼いてくれます。季節によってはジビエまで!

自在鉤に吊るされた鍋もフォトジェニック!キノコたっぷりのつみれ汁に、〆めは地粉100%の手打ち蕎麦。小さな宿ならではの女将との親密なふれあいも楽しく、いつまででもお喋りしていたくなっちゃいます。なお、日本酒タイム&貸し切り風呂についてはチェックイン時に宿の方におっしゃってください!

【電車・バス】
仙台空港→仙台駅→(東北・北海道新幹線:40分)郡山駅→(新常磐交通バス:80分)→いろりの宿 芦名
【お車】
仙台空港→(東北自動車道:120分)→高速磐梯河東IC→(県道64号線:25分)→いろりの宿 芦名

美味・あったかなレア麵と温泉宿を訪ねる旅

仙台空港から福島に向けて南下。大河ドラマ『八重の桜』でも知られる会津を中心に、幕末の空気の残る街なみを訪ねる旅です。白漆喰の蔵に、かやぶき屋根の古民家。いろり端で美味しい郷土料理をいただいたら、なんとスマホを持ち込み“自撮り”ができちゃう温泉で、美肌の湯につかりながら絶品地酒をいただいてしまいましょう。ネギでいただく冷たいお蕎麦や、朝から行列のラーメンなど、美味・あったかなレア麺もお腹いっぱい満喫します。

このプランはレンタカーがオススメ
7:10 Peach MM131便で関西空港を出発
飛行機で約80分
8:25 仙台空港着 車をレンタル
車で約3時間
12:00 到着

大内宿・三澤屋で高遠そばのランチ&観光

重要伝統的建造物群保存地区に指定された美しい集落で、箸の代わりにネギを使うお蕎麦のランチ

14:10 出発
車で約50分
15:00 到着
蔵の街でアウトドア通がはまる漆器に出会う
七日町 美工堂

昔ながらの蔵や洋館をレストランや土産物店にしたオシャレな「七日町通り」でお散歩&ひと休み。お土産探しならオススメはセレクトショップの「美工堂」。地元クリエイターが作った現代風の会津木綿のスカーフや漆を原材料にした美しいロウソクなど様々なものがありますが、必見はオリジナルの会津漆製品。特にアウトドアで使えるマグや折りたたみテーブルなどの「NODATE」シリーズは売り切れ必至。グランピングなどオシャレなアウトドア指向の人たちの間で大人気なんですよ。

美工堂
16:40 出発
車で約20分
17:00 到着
昭和レトロを感じるいろりと温泉
東山温泉 いろりの宿 芦名

自撮りもできちゃう温泉旅館「芦名」。全7室の客室は全部しつらえが異なり、訪れるたびに別な部屋に泊まる楽しみがあります。ファンの間でひそかに人気なのが“手塚治虫の部屋”。時代モノの座卓やテレビで作家の執筆風景が再現されており、部屋におかれたベレー帽や眼鏡で手塚治虫氏に変身して写真を撮ったり、『ブラックジャック』などの名作漫画を部屋にこもって心ゆくまで読むこともできちゃうんです。

いろりの宿 芦名
  • 〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
  • 0242-26-2841
  • チェックイン16:00 チェックアウト10:00
  • http://www.ashina.co.jp

いろりの間で幸せ朝ごはん

朝食もいろりの間で。炊きたてご飯に、ふっくら焼き魚、地卵の大きな厚焼き卵などで幸せ気分に!

9:30 チェックアウト
車で約40分
10:10 到着

喜多方で朝ラーを体験&蔵巡り

早い店では7時から開いている会津・喜多方ならではの“朝ラー”を体験。腹ごなしに蔵を活かしたショップやカフェを巡りましょう。

12:20 出発
車で約40分
13:00 到着

猪苗代湖の雪景色を見ながらドライブ

雪のかかった磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔をドライブしながら帰途に。白鳥たちやしぶき氷の美しさにも、ため息。

13:10 出発
(猪苗代湖畔から)車で約50分
14:00 到着

杉乃家でなみえ焼そばを食べる

おやつは二本松で「なみえ焼そば」。35年にわたり愛されてきた極太麺のソウルフードが沿岸の福島県・浪江町から移転してきました。

15:00 出発
車で約1時間半
16:30 到着
オシャカワな東北の民芸品たちにときめく
仙台 KANEIRI STANDARD STORE

旅の最後は仙台の駅ビル「S-PAL仙台」にできた「KANEIRI STANDARD STORE」に立ち寄り。東北全域から集められたオシャカワすぎる民芸品の数々が並んでいます。現代風にアレンジされたグッズも多く、パステルカラーに装飾された会津の「赤べこ」まで。ちなみに駅には仙台の牛タンの名店が並ぶ「牛たん通り」や、絶品の地魚がめちゃくちゃおトクに食べられる立ち食い鮨店「北辰鮨」なども入っているので、空港に行く前にさらにお腹を満たしたい方は要チェックです!

KANEIRI STANDARD STORE S-PAL仙台
お好きな時間 出発
車で約30分
20:10 レンタカーを返却後、Peach MM140便で仙台空港を出発
飛行機で約100分
21:50 関西空港着

※本ページで紹介のプランは2016年10月取材時点のものです。営業時間など変更の可能性がありますので事前に確認のうえお出かけください
※移動時間は有料ルート優先のうえ一般的な走行スピードで算出したものです。渋滞などの要素は加味していませんのでご注意ください



PDFファイルのダウンロードはこちら
※容量が大きいため、表示に時間がかかってしまう場合ございます
このサイトは2017年3月をもって
公開終了となりました。