箸がわりのネギは薬味としても時々かじります

大根おろし汁に醤油と出汁を加えたつゆでキリリといただく福島県・大内宿の「高遠(たかとお)そば」。こちらをいただくのに使うのは、箸ではなく、「ネギ」。蕎麦をすくってすする傍ら、ネギは薬味として時折、好きな場所からかじります。

もともと、江戸時代には下野(現在の日光市)と会津を結ぶ会津西街道の宿場町として栄えた「大内宿」。1981年に重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けると、その美しい集落をひと目みようと観光客が訪れるようになったものの、目立った名物がありません。そんな中、信濃高遠藩で育った会津藩主・保科正之が好んで食べたという高遠そばに、丸々1本ネギを挿して出したところ、その大胆なビジュアルが話題を呼んで瞬く間に名物になったのだとか。

いまでは、うどんにネギを添える店、1本分の刻みネギを添える店など様々な派生店も近隣に現れ、多くの観光客で賑わっています。この蕎麦を目当てにやってくる人も多く、蕎麦をすくいやすいようにと、わざと曲げたネギを契約農家に作らせているお蕎麦屋もあるのだそう。

ちなみに発祥は「三澤屋」。主人が、椀にネギを挿して子孫繁栄を願う地域があると人づてに聞いたことが発想の源となったといいます。

【電車・バス】
仙台空港→仙台駅→(東北・北海道新幹線:40分)→郡山駅→(新常磐交通バス:63分)→若松駅→(会津鉄道:32分)→大内宿 三澤屋
【お車】
仙台空港→(東北自動車道:95分)→高速郡山南IC→(一般道:70分)→大内宿 三澤屋

美味・あったかなレア麵と温泉宿を訪ねる旅

仙台空港から福島に向けて南下。大河ドラマ『八重の桜』でも知られる会津を中心に、幕末の空気が残る街なみを訪ねる旅です。白漆喰の蔵に、かやぶき屋根の古民家。いろり端で美味しい郷土料理をいただいたら、なんとスマホを持ち込み“自撮り”ができちゃう温泉で、美肌の湯につかりながら絶品地酒をいただいてしまいましょう。ネギでいただく冷たいお蕎麦や、朝から行列のラーメンなど、美味・あったかなレア麺もお腹いっぱい満喫します。

このプランはレンタカーがオススメ
7:10 Peach MM131便で関西空港を出発
飛行機で約80分
8:25 仙台空港着 車をレンタル
車で約3時間
12:00 到着
食べ方だけではない、大根おろしのつゆが沁みる蕎麦
大内宿 三澤屋の高遠そば

箸の代わりにネギでいただく高遠そばを体験。元祖の「三澤屋」では、蕎麦の旨味をよりストレートに味わう「水そば」や、 地元の卵を使った「赤玉でぶっかけごはん」や「超高級卵 烏骨鶏でぶっかけごはん」も人気です。 ほかにも「本家玉屋」、「大黒屋」など、ネギで蕎麦をすすれる名店が沢山あるので、 そぞろ歩きで美しい大内宿の景観を楽しみながらお気に入りを探しましょう!

大内宿 三澤屋
  • 〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大内山本26−1
  • 0241-68-2927
  • 10:00〜16:30
  • http://www.misawaya.jp
14:10 出発
車で約50分
15:00 到着

会津・七日町通りを観光

昔ながらの蔵や洋館をレストランや土産物店にしたオシャレな「七日町通り」でお散歩&ひと休み。

16:40 出発
車で約20分
17:00 到着
昭和レトロを感じるいろりと温泉
東山温泉 いろりの宿 芦名

宿泊はその名の通り、いろりの間の風情がたまらない福島県・東山温泉の「いろりの宿 芦名」。昭和23年に建てられたという昭和レトロな宿で、迎え入れるお客は1日7組のみ。そのゆったりとした環境で、肉や魚をいろりで焼きながらいただく夕食は、味も風情も最高です。〆はもちろん会津産の十割蕎麦。ツルツルとすすったら、食後は、幻想的な雪景色を見せる温泉街を歩くのもまた一興です。

いろりの宿 芦名
  • 〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本下原232-1
  • 0242-26-2841
  • チェックイン16:00 チェックアウト10:00
  • http://www.ashina.co.jp

いろりの間で幸せごはん

朝食もいろりの間で。炊きたてご飯に、ふっくら焼き魚、地卵の大きな厚焼き卵などで幸せ気分に!

9:30 チェックアウト
車で約40分
10:10 到着
朝が美味しいさっぱりスープ、朝ラーを食す
喜多方 食堂なまえのラーメン

一般に朝食の定番と言えばトースト&コーヒーや味噌汁&炊きたてごはん。でも、福島県・喜多方市では“朝ラー”が定番なんです。冷え込む朝、コクがあるのにさっぱりとしたスープを口に含み、その旨味が全身にしみわたる体験をすれば、地元の人達がこれを朝食にと選ぶ理由がおのずと知れるはず。オススメ店舗は多数ありますが、観光客に人気は、絶品スープに極太麺がよく合う「食堂なまえ」や、トロトロの自家製チャーシューがたくさんのった「坂内食堂」など。

食堂なまえ
  • 〒966-0838 福島県喜多方市永久7693−3
  • 0241-22-6294
  • 10:00~18:00
12:20 出発
車で約40分
13:00 到着

猪苗代湖の雪景色を見ながらドライブ

雪のかかった磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔をドライブしながら帰途に。白鳥たちやしぶき氷の美しさにも、ため息。

13:10 出発
(猪苗代湖畔から)車で約50分
14:00 到着
胸を打つモチモチの極太焼きそば
二本松 杉乃家のなみえ焼きそば

おやつには「なみえ焼そば」。通常の焼きそばの約3倍の極太麺を使うこちらは、福島県・浪江町で長年にわたり親しまれてきた杉乃家ですが、震災後、浪江が警戒区域となったため二本松に拠点を移し、避難してきた町民に懐かしい味を提供し続けています。麺が盛られるのは浪江町の伝統工芸品「大堀相馬焼」の大皿。描かれた「走り駒」と呼ばれる疾走する馬の意匠が、苦難にあらがい前に進む町の人々や店主の心を代弁しているようで、胸を打つ一皿です。

杉乃屋
  • 〒964-0913福島県二本松市元町2-3-1
  • 0243-24-1215
  • 11:00〜15:00 17:00〜20:00 ランチ営業 日曜営業
15:00 出発
車で約1時間半
16:30 到着

仙台でKANEIRI STANDARD STOREに立ち寄り

東北の民芸品のなかから、今の時代のテイストに合うものばかりを集めたショップでお土産探し。どれもかわいすぎて買いすぎちゃうかも。

お好きな時間 出発
車で約30分
20:10 レンタカーを返却後、Peach MM140便で仙台空港を出発
飛行機で約100分
21:50 関西空港着

※本ページで紹介のプランは2016年10月取材時点のものです。営業時間など変更の可能性がありますので事前に確認のうえお出かけください
※移動時間は有料ルート優先のうえ一般的な走行スピードで算出したものです。渋滞などの要素は加味していませんのでご注意ください



PDFファイルのダウンロードはこちら
※容量が大きいため、表示に時間がかかってしまう場合ございます
このサイトは2017年3月をもって
公開終了となりました。